八ヶ岳の田舎暮らし -エリア情報・生活ノウハウ満載-

山梨県北杜市大泉町で二地域居住を楽しまれている近藤様

2011年 8月 2日 (火)
大泉の近藤邸

大泉の近藤邸

今日は大泉町で二地域居住を楽しまれている近藤様にお話を聞いてまいりました。

近藤様は3年ほど前に北杜市大泉町に広い土地の中古物件をご購入いただきました。

当時の物件は沢山の庭石と植木で構成された月山庭園付きの和風物件でした。その頃の近藤様は毎週のように小淵沢町に乗馬に行かれると聞いておりましたので、随分趣味が広い方だな、と言うか洋と和とがミスマッチにちょっぴり感じていました。ところがご購入後間もなく一大造成をされまして月山庭園の面影はきれいさっぱり無くなり、平坦になったお庭からは南に富士山と西に南アルプスのパノラマを一望できる庭に生まれ変わったのでした。正直相当の費用をかけあの庭園をここまで別な物に造成されるとは私には思いもよらなかったことで、また確かに造成後のロケーションと土地の利用しやすさには非常に感動し、私の修行の足りなさと近藤様の豪胆さに凄く驚かされました。

近藤邸からのアルプスの眺望

近藤邸からのアルプスの眺望

これからは生まれ変わったお庭で、四方に3000m級の山々を望みながらの家庭菜園、ガーデニングをされたり好きな乗馬をされたりする素敵な生活をおくることになるのでしょう。
その後、近藤さんから野菜作りを始めたよというお話をお聞きし、楽しまれているんだなと喜んでおりました。有る時しばらくぶりに伺ってみると、そこには、な、なんとあのおしゃれな奥様とジェントルマンのご近藤さんが、すっかりと百姓姿に変身し、広い庭一面に沢山の野菜を作っているではありませんか。

ちょうど伺ったその日はジャガイモ堀の真っ最中で、大きな美味しそうなイモがたくさん取れていました。他にも大根、キューリ、トマト等はじめ数多くの野菜が所狭しと植えられていて、ご夫婦はすでにりっぱな田舎人になっておられたのでした。

麦を干していらっしゃいました

麦を干していらっしゃいました

トウモロコシ

トウモロコシ

カボチャ

カボチャ

 

野菜は無農薬、低農薬で作るのは虫退治が相当大変です。特にキャベツは虫が多くここのキャベツも(実は私のも)ほんの幾つかは食べたようですが、あとは虫たちの食料となっていました。
しかし、これだけの沢山の野菜を見事につくるためには、また週末だけでの耕作では草取りも含め随分大変なことだと思いましたので、私は思わず近藤さん乗馬はしていますと尋ねると、近藤さんはぼそっと「時間が無くしてない」と言われた姿は思わず噴き出しそうになりました。

農作業を楽しまれている近藤様

農作業を楽しまれている近藤様

ともあれ私が初めてお会いした時より、とても素敵な笑顔と健康な印象で、ご夫婦仲良く楽しそうに感じられ、羨ましく感じました。

さらに、近藤様から八ヶ岳ライフについて写真と合わせて寄稿をいただきましたので、この後に掲載いたします。

 [近藤さまより]

我が家のお犬様を避暑に連れてくるようになったのが八ヶ岳へ頻繁に来るようになった理由で、その内に夫婦で小淵沢の馬の目に魅了されて乗馬クラブに迷い込み、季節を問わずにほぼ毎週通うようになりました。周囲の毎週来るならば家を買ってしまえばという囁きも影響しましたが、人生の主な活動拠点をこの地にしようという夫婦間の暗黙の了解が生まれ、インターネットで不動産情報を捜すようになりました。

近藤様の愛犬

近藤様の愛犬

img_0448
 この地を選んだのは、甲斐駒・北岳が見える事、本格的に畑をするスペースがあることがメインです。数箇所見て回る中今一つしっくりするものがなく、数年かけて探す長期戦も考え始めていましたが、ふれあいさんがホームページで新鮮な情報を次々と提供していただいていたので横浜の自宅で居ながらにして色々と見比べることができ、週末に八ヶ岳に来た際に効率的に動くことができ、この物件に辿り着く事ができました。

 

 更に購入を決める際に、敷地内にあった多くの岩をどうしたもんか悩んでいる時、岩を法面に使って上手く敷地を平らにする工事を提案していただき、素人には分かり難い工事業者との交渉も我々の希望を違えずに伝えていただいたので、考えていた以上の敷地整備が一挙にできました。かかった費用を惜しいなどと思う事は一度もありませんでした。とにかく言葉では説明しにくいですが、大きな買い物で気持ちが緊張している中、初対面の時からふれあいさんの皆さんは、初めて会った気にさせない所が素晴らしいと思います。

 

お孫さんと農作業を楽しむ近藤様

お孫さんと農作業を楽しむ近藤様

 八ヶ岳での生活は、当初馬に乗りながら敷地を整備して、徐々に畑仕事をするつもりでいましたが、敷地の整備の問題が早々に片付いて、初めから畑仕事が全開でスタートすることになりました。全くの素人の我々が野菜に悪戦苦闘している時には必ず、ハウツー本には出ていないネイティブな情報や匠の技を次々と教えてくれるご近所さまが登場してくれます。(ちなみに大泉村ではジャガイモの植え付けは4月10日です)おかげさまで、多くの種類の野菜に挑戦でき、毎週通わないと取りきれないほどの収穫があります。周りの皆さんにとって我々はよそ者には違いないのですが、全く「よそ者」という言葉が夫婦の会話に出ないほど、地元の方、移住者の先輩方が溶け合って助けてくれています。移住されたら、犬を飼ってまずは散歩から始めると好いと思います。畑や田んぼや軽トラックから、次々に声が掛かり近所の輪が広がっていくと思います。

ニンニク

ニンニク

ニンジン

ニンジン

 この地域に住み始めて予想外だったのは、ミニコンサートや●●体験など文化的なイベントが夏であればほぼ毎日どこかで開かれていて、チケットの手配などを考えると都会よりも接する機会が増えると思います。昼は農作業で汗をかき、シャワーを浴びた後、少し気怠く力の抜けた頭で、素敵なペンションやレストランで自然の冷気の中食事をしながら音楽を聴く、すごく贅沢な気分を味わえます。地元のスーパーなどの掲示板は毎回必見です。3月中旬から11月一杯は、退屈する心配はいりません。
 氷点下の冬は、寒さを楽しむ工夫が必要かもしれません。昨冬は初めてビニールハウスに手を出して、往生際悪くホーレンソウなどの葉物にチャレンジしていましたが、やはり無理でした。逆に干し物や漬物は、寒くて虫がたかることもなく我ながらのできです。秋に収穫したものの加工がひとつの過ごし方になると思っています。スノーシューを履いたトレッキングや、別荘人にも貸し出しをしてくれる大泉の金田一図書館(北杜市内はどの図書館もOKだそうです)の蔵書の素晴らしさなど既にいくつかの楽しみが見え隠れしていますが、まだ週末だけの八ヶ岳人なので、冬の過ごし方の研究がこれからの課題です。

 農業が忙しくなってしまい乗馬がご無沙汰になってしまいましたが、小淵沢には全くの初心者でも馬で歩けるコースや30km以上のエンデュランス(馬で自然の中を走る競技)コースがあるので、身体が忘れない内に復帰を目指します。

 今まで交通費は民主党のおかげで助かっていましたが、これからは一回往復にガソリン代も入れて一万円。年間50回の往復なので、五十万円。これに税金等もいれると六十万円位になります。灯油代は夏の冷房代がかからないことで差引“0”。物々交換や地元の方から善意の山菜や野菜が届き、また物価の安い山梨にて横浜で過ごす分の買い物できる分、上記コストからマイナスできます。
 初期コストはどうしても二地域居住のため、家電などは2倍になってしまいますが、日用品などは、知人に聞くと意外と使っていない物がゴロゴロ出てきて、引き取ることで喜ばれます。棚などは、安い材木を買ってきて冬の日曜大工です。

 

お庭では素敵な花をたくさん育てていらっしゃいます。

お庭では素敵な花をたくさん育てていらっしゃいます。

ご一家皆様で八ヶ岳ライフを楽しまれています

ご一家皆様で八ヶ岳ライフを楽しまれています

お庭の花々を飾られていました

お庭の花々を飾られていました

コメントをどうぞ...

建築施工例
八ヶ岳の田舎暮らし-エリア情報・生活ノウハウ満載-

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

布・器・小物のお店。Gallery Space141
お気軽にお問い合わせ下さい。℡0551-47-2272
田舎暮らし物件情報
▲このページのトップへ