山梨への二地域居住・移住を支援しようと6月26日、27日「甲斐適生活相談会 2010・夏」が開催されました。

今回は、「八ヶ岳南麓」と「富士北麓」と2つの人気エリアを中心に、土地や物件探し、設計、改修などに関する相談、就職・就農、生活環境などに関する相談がまとめてできるというコンセプトで、合わせて14のブースが出展して行われました。このような催しは過去に何度か開催されていたようですが、ふれあい情報館は今回、初めて参加しました。いろいろ話を伺いながら準備を進めましたが、私は初めてということもあって不安もありました。

会場の駒場国際交流会館

会場の駒場国際交流会館

今回行われた場所は目黒区の駒場国際交流会館という場所でした。ここは主に外国人留学生の宿舎として利用されているようでした。食堂では色々な国の方が一緒に勉強している光景もありました。この施設内の多目的ホールで2日間に渡って行われました。

会場セッティングのビフォー・アフターをお見せしてしまいます。

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

この記事のつづきを読む »

●二地域居住●就農実践者 ●分譲地 ●新築中建物 ●貸古民家

北杜市内で二地域居住や新規就農の実践をしている方にお話をききながら、実際にいろいろなタイプの物件をご覧いただき、夢の実現のお役に立てていただけたらという、盛りだくさんのツアーを計画しました。お気軽にご参加ください。

見て、聞いて、確かめてみませんか?

現地見学会

《参加募集要項》
日   時   平成22年7月25日( 午前9時~ 雨天決行
集合場所     ふれあい情報館 本店 ※時間厳守
(北杜市高根町箕輪501-1 ℡0551-47-2272)
参加費1名1000円(昼食付) 高原トマトのおみやげ有り(1組1箱)

【見学コース】(天候等により若干の変更有)
本店集合→ 中古民家(田、畑付)見学→貸民家(畑付)見学→ふれあい農園→(トイレ休憩)
→就農者訪問(交流・トマト試食販売)→ 昼食→長坂新規分譲地見学
→須玉分譲地見学 →二地域居住実践者のお宅訪問(交流)→明野I邸新築工事現場見学
→ハイジの村近辺 → A邸見学 → 本店  終了:午後4時頃予定

【応募方法】

下記のフォームに「現地案内会参加希望」と参加人数を明記の上、 ご住所、 お名前、お電話番号、メールアドレス を入力いただきこちらのフォームからご応募ください。  

【応募締切】 平成22年7月10日(土)(注:定員になり次第締め切りとさせていただきます)

【コースの内容の写真(一部)】

e382bbe3839fe3838ae383bc-dscn1397_500

セルフビルドで建てられたログハウス

セルフビルドで建てられたログハウス

2006年春に明野の土地をご紹介させていただき、千葉と山梨の二地域居住を実践されている明野町の國府田さんのお宅を伺いました。ご主人はログハウスのセルフビルドにチャレンジされ、奥様は念願だったガーデニングに勤しんでおられます。おじゃました今日(6月6日)はお庭のバラや宿根草などがちょうど見頃を迎えており、見事な彩りと花の香りにすっかり魅了されてしまいました。

浅尾新田の國府田さんのお宅は山の眺望が素晴らしく、特に八ヶ岳は裾野まできれいに見えるロケーションです。奥様は敷地の傾斜を生かすようなプランで見事なお庭を作られています。明野は土が粘土質の場所が多く、花を植えるときはその周りの土を改良するように工夫をされながらお花を育てているそうです。咲き乱れる花には沢山の蝶やみつばちも集まってきていてまさに自然美のコラボレーションだなと感じました。

山の眺望も素晴らしいロケーションです。

山の眺望も素晴らしいロケーションです。

沢山のお花が咲き乱れるお庭

沢山のお花が咲き乱れるお庭

その他建物の内部をご紹介いただいたり、デッキで山とお庭を見ながら二地域居住の魅力やセルフビルドのよかった事、大変だった事、また今後チャレンジされたい事など沢山のお話を伺いました。
テーブルにはお庭のお花がアレンジされて飾られ、奥様のこだわりの茶器でお茶をいただいたりと本当に優雅で贅沢な時間の流れを感じさせていただきました。

デッキで山々の眺望と花を堪能されています。

デッキで山々の眺望と花を堪能されています。

二地域居住を楽しまれる國府田さんファミリー

二地域居住を楽しまれる國府田さんファミリー

國府田さんのブログはこちら

先日、舞鶴城に行く機会があったので、写真を撮ってきました。

舞鶴城

復元された稲荷櫓

舞鶴城の正式名称は甲府城といい、築城は豊臣秀吉の命を受けた加藤光泰が着手し浅野長政、長幸の父子に引き継がれていきました。建設当初は甲斐府中城とか府中城と呼ばれていましたが、それが略式化され甲府城となり、更に江戸中期になると鶴が羽を広げた形に似ていることから舞鶴城という愛称が付けられました(ちなみに甲府という名称も甲斐府中が短略化したものだそうです)。

小さい頃、何度か訪れた事があったのですが、歴史などは理解せずに遊ぶばかりでした。今回は、地元のお城を改めて勉強でき、とても良かったと思いました。特に復元された稲荷櫓の土壁の作り方がビデオで見られ、職人さんの技に感嘆するばかりでした。

 

 

400年前の石垣

400年前の石垣

謝恩碑

謝恩碑

八重桜

八重桜

 

 

 

 

 

 

 

この記事のつづきを読む »

物件の下見などに出かけると、思わずシャッターをきってしまう美しい風景に出会います。標高があがるにつれ、季節が変わっていきます。昨日、訪れた野辺山は春の香りが残っていました。

物件NO3032の隣地にて撮影

物件NO3032(長坂)の隣地にて撮影

物件 NO1013より撮影

物件 NO1013(明野)より撮影

物件 NO8002より撮影

物件 NO8002(野辺山)より撮影

建築施工例
八ヶ岳の田舎暮らし-エリア情報・生活ノウハウ満載-

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

布・器・小物のお店。Gallery Space141
お気軽にお問い合わせ下さい。℡0551-47-2272
田舎暮らし物件情報
▲このページのトップへ