八ヶ岳南麓~秋の訪れ~

2009年 9月 24日 (木)

 当社の裏には田園風景が広がり、田植えや稲刈りなどの季節の行事を身近に感じる事が出来ます。私は夏の太陽が反射する田も好きですが、今の稲の黄色・彼岸花の赤・背景の八ケ岳。秋の今の風景が大好きです。稲刈りも本格的になり、美味しい新米を口にするのが楽しみです。

 

当社の裏の風景

当社の裏の風景

 

稲刈り中

稲刈り中(前の木はザクロです。)

 
                彼岸花畑の脇のザクロ

 

南アルプス側の風景

南アルプス側の風景

~ 静かな観光スポット、北杜市の名刹「海岸寺」(臨済宗)を訪ねて~              海岸寺は、私の故郷「須玉町津金」の最北端にあり、清里の南に位置しており、
今より約千三百年前の養老年間に行基菩薩が庵をかまえられたのが、海岸寺のは
じまりと言われる。
寛文6年(1666年)中興の祖、即応宗智和尚が海岸寺山主として堂宇を再建し
現在に至っている。
津金山の南斜面に開かれた3ヘクタールの境内は、海抜1000mで、南アルプ
スの連峰と相対する眺望を誇っている。
① 古い歴史を物語る石段は、道路拡幅工事に伴い、子供の頃の半分以上は
取り壊されているが、杉並木や周囲の自然に調和し、荘重な禅寺のたた
ずまいを見せている。

長い石段

長い石段

古い石段杉の大木

 

 

 

 

 

 

この記事のつづきを読む »

八ヶ岳南麓 ~昨日の夕日~

2009年 9月 19日 (土)
 昨日の夕日はとても美しく、田んぼの黄金色と八ヶ岳のコントラストに感動の一言でした。ただ唯一残念だったのが、南アルプスに雲が・・・。刻々と変化する空の色に、しばし時間を忘れ見入ってしまいました。写真では本物の美しさの3分の1くらいしかお伝えできないと思います。実際の夕日をお見せできずにとても残念です。
  冬の夕日も格別なんですよね。
八ヶ岳方面を撮影

八ヶ岳方面を撮影

 

南アルプス方面を撮影

南アルプス方面を撮影

八ヶ岳南麓 ~秋の味覚~

2009年 9月 18日 (金)

 今朝会社の中から外へ目を向けると、栗拾いをしている女性を発見。栗の収穫状況を聞きながら写真を撮らせて頂きました。自分の会社から栗拾いが見ることができ、田舎の良さと秋の訪れを感じられ嬉しく思いました。残念な事に今年は少し不作だそうです。 

当社と栗の木

当社と栗の木

いがいがの中から・・・・

いがいがの中から・・・・

美味しそうな栗

美味しそうな栗

 

夏の雨が影響したのか、弊社の「やまぼうし」の実も昨年より少ない気がします。「やまぼうし」は生でも食べられますが、ジャムや果実酒が美味しいそうです。
 
やまぼうしの実

やまぼうしの実

 山梨県北杜市は沢山の田んぼがあります。秋の気配が近づいて、黄金色に染まりゆく田んぼが徐々に増えてきました。収穫が楽しみです。また稲刈りがすんだ後に、こちらの田舎ではタニシ拾いをします。タニシの事をツボと呼び、秋の収穫の頃にツボのお味噌汁を作り食べます。ツボ(タニシ)は農薬に敏感で、農薬が強い田んぼにはいません。ツボ(タニシ)がいる田んぼは農薬が少ない、もしくは無農薬といえます。

 北杜市の武川米は全国的に有名で、平成20年度峡北産武川米コシヒカリ,穀検(日本穀物検定協会)の食味ランク特A を獲得しました。4年連続です。
さらに、今年度は、特Aの中でも、最高位の食味評価を受けました。ほかにも、農林48号などの特産米があり、お米の美味しい市として定評がございます。もちろん美味しいお米が食べられるのも嬉しい事ですが、美味しいお米が作れるのも田舎暮らしの楽しみの1つですね。

田園風景

田園風景

頭を垂れる稲

頭を垂れる稲

ツボことタニシ

ツボことタニシ

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >
建築施工例
八ヶ岳の田舎暮らし-エリア情報・生活ノウハウ満載-

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

布・器・小物のお店。Gallery Space141
お気軽にお問い合わせ下さい。℡0551-47-2272
田舎暮らし物件情報
▲このページのトップへ