スタッフブログ/八ヶ岳の田舎暮らし -エリア情報・生活ノウハウ満載-

大泉案内所では、今は石楠花が見頃を迎えています。他にも名前がわかりませんが自生した花々が咲いています。

事務所に植えてある石楠花

事務所に植えてある石楠花

事務所の敷地で自然に咲きました

事務所で自然に咲きました

山野草も事務所から少し出るだけで様々な種類の花をみることができます。先日もヤマシャクヤクに出会いました。

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクはあまり開くことなく散ってしまうそうです。

ヤマシャクヤクはあまり開くことなく散ってしまうそうです。

このように”見る”楽しみも格別なのですが、八ヶ岳では”育てる”ガーデニングを楽しまれている方もとても多いように感じています。お客様からガーデニングの話をうかがうことももしばしばです。考えてみたらここ八ヶ岳はガーデニングを楽しむ環境が整っているのではないかなと思います。

ホームセンターにも花苗はありますが、他にもミヨシ(ペレニアルガーデンショップ ABABA )、日野春ハーブガーデン白州花壇花遊び 、ハーブスタンドさんにも花の木の苗があったし、ほかにもお花を扱っていて行ってみたいと思っているお店がいくつもあります。それに雑貨の中でテラコッタのかわいい鉢などのガーデニンググッズを扱っているお店もたくさんたくさんあります。

それからすこし足を延ばしてバラクライングリッシュガーデン へ行かれる方も多いようですし、バラといえばコマツガーデン の後藤みどりさんに習っている方も。

また、著書や雑誌連載、ガーデニングの番組に出演したり、宝塚ガーデンフィールズ他たくさんの庭を手がけられているポール・スミザーさんも八ヶ岳をフィールドにされていますし、TVでもよくお見かけする八ヶ岳倶楽部の柳生真吾さんも言わずと知れたガーデンデザイナーですし、他にも著名なガーデンデザイナーが八ヶ岳にはいらっしゃるんです。

これからバラを始め、様々な花の見頃になってきます。北杜市でもプライベートガーデンを少しの期間公開するオープンガーデンをしているという情報もよく見かけます。私も是非出かけてみたいです。そしてガーデニングも少しずつですが楽しみたいなと思っています。

 2回目の登場。 エンドウです。前回はトイカメラの趣味のご紹介をさせて頂きましたが、本日は私の生活の大半を占めている趣味のご紹介をさせて頂きます。それは・・・・畑・・・・・農作業です。

有機栽培にはまりだして、3年目。1年目は50坪の貸農園。何年も有機栽培をしている土でのスタートだったので、とても美味しい野菜をたくさん収穫できました。でも、虫が触れなくて大騒ぎしながら青虫サンや油虫サンと格闘しました。2年目!50坪では物足りなくなり、自宅近くの草ボウボウの田んぼを100坪借りて150坪にしました。

お借りした100坪はずーーーっと不耕作だったため、草はところどころ生えないほど土が硬くなり、生えてる草は私の背丈。

       頑張りました。50坪+100坪。全部、手作業なので・・・・本当に頑張りました。

が!!!今年は50坪の農地をお返しし、100坪のみで頑張る事にしました。やはり150坪は無理ですね。。。昨年よりは耕しやすくなった土ですが、保水力がないのと下に大量の石があるのが、大きな問題点の土地です。

でも・・・・ごぼうを植えたい。      昨年10月ころに袋での栽培にチャレンジしました。

収穫したゴボウ

つい先日、まあまあのゴボウが採れました☆

よし!秋にも収穫するぞおお!ということで、種まき。

たくさんの芽がでてくれました。

楽しみです。ゴボウの芽

 

 

 

 

 

 

いまだに虫には泣かされていますが、ストチュウやら灰やらで、なるべくブロック!(゜-゜) 

また、コンパニオンプランツを利用して、少しでも虫・病気を少なくする努力をしてます。有機なのでなかなか収量はあがりませんが、今後も趣味として楽しんでいきたいです(*^_^*) 

下の写真はカモミールと混植した玉ねぎです。もう少しで収穫です。 

たまねぎ

コンパニオンプランツ一覧↓ http://www3.loops.jp/~lwb/prevention/companion_plants/chapter04.html                   

手洗いの水用タンク今年2月に、八王子から趣味の陶芸ができる土地を探しにいらっしゃり、明野町上神取の山林約600坪を取得された、T様。以前の持ち主が建設された、ロッジを奥様と2人で大改造。まだ水道の引き込みがされていないため、雨どいを修理して、雨水をタンクに貯水、手洗い等に活用しています。今日は、デッキを補修、ホームセンターから材料を購入し何でも器用に作業をされるご主人です。                                                                    

 

デッキ補修中のT様この日のために、電気設備士の資格も取得して、ロッジ内部の配線もご自分でされるとのことです。
  最終的には、傾斜地の一部を造成し、陶芸用の釜を設置して、陶芸教室を開く事が夢だと笑顔で話すT様。最初は、この土地を購入するのを奥様に反対されないかと心配されていましたが
今では、奥様も楽しんでお手伝いしている様子がとても印象的でした。
  

 今日は奥様の誕生日なので、早めに作業を切り上げて、増富にある温泉や山菜料理でも食べたいと話していらっしゃいました。

ロッジ外観この場所は、西に雄大なアルプスを望む、山桜や楢・クヌギのある雑木林で、須玉ICより車で10分静かで、男の遊び場としては最高の場所となるでしょう。早く夢が実現するよう祈っております。

八ヶ岳南麓、標高およそ860m。今回からここ大泉案内所からかなり小さな話題を取り上げ(^-^;)お伝えして行きます。

春の到来が一足遅いこの大泉案内所も今年もいよいよ雑草との戦いが始まりました(笑)。

事務所の隣で繁茂するぺんぺん草

事務所の隣で繁茂するぺんぺん草

先日除草をしている途中、雑草の中に繁茂しているぺんぺん草をみつけた時に私は一つの詩が甦り、作業の手を暫し止めたのでした。

神様がたった一度だけ
この腕を動かして下さるとしたら
母の肩をたたかせてもらおう
風に揺れるぺんぺん草の実を見ていたら
そんな日が本当に来るような気がした

(星野富弘)

中学の体育教師をしていた時、指導中のアクシデントにより首から下がまったく動かなくなってしまった星野さんが、口に筆を加え絵と詩を描いて作り上げている作品の中の一つです。

富弘美術館は草木湖のほとりにあります

富弘美術館は草木湖のほとりにあります

先日、群馬へ出かける機会があり、星野さんの出身地であるみどり市にも足をのばし「富弘美術館」へも寄ってきました。身の回りにある草花の中に、私たちが日々忘れがちな「大切なこと」を見出している素敵な作品がたくさんありました。

いつもなら手を休めることなく、何も考えずに終わらせてしまう除草作業です。その手を止めさせる作品の力の大きさを痛感したのでした。



【創刊号 特別編】
別録・写真でお送りする群馬紀行

写真 (左)チューリップが見頃だったぐんまフラワーパーク
(中)俯瞰でみるフラワーパーク
(右)同日の谷川岳

山梨に戻る途中で立ち寄った下仁田の道の駅で何気なく買った「下仁田ねぎの生ドレッシング」が予想外においしいのでご興味のある方は是非お試しください。乳化剤ではなく火を通したネギでトロミをつけているそうです。一村逸品大賞受賞(日本農業新聞)を受賞しているようです。

  はじめてのブログの作成に、何を書こうか迷った結果。
私の趣味について書いてみました。
文字を読むのは好きですが、書くのは昔から苦手でして・・・
読みづらいかもしれませんが、ご容赦下さいませ。
  

  私の趣味は基本的に【広く浅く】が多く、
今までは、夏にはバイクでツーリング。シュノーケリング。トレッキング。
などなどがメインで、冬はスノーボードと料理がメインの人間でした。
3年前からは、畑が趣味に加わった結果・・・・。
夏は、畑のみの生活。
有機栽培のため、虫と草と暑さとの戦い。
なぜかはまってしまったんですよね。

・・・・・この話はまた今度。

 

 今回は昨年末に購入したFisheyeというトイカメラを購入!!
魚眼の写真が可愛くて、可愛くて欲しかったのです。
スノーボードの写真や、野菜の写真を撮って楽しんでいます。

重ねて撮影

重ねて撮影

ネガの上に2重で撮れる機能もついていて、楽しいのですが自分の眼の感覚で撮影しても全く違う写真ができるのです☆

  ネガなので現像するまで見れません。なので写真の仕上りまでの時間も「どんな感じに撮れたかな。」と想像して楽しめる!
最高です。

私の畑の師匠宅

私の畑の師匠宅

最初の2本はほぼ失敗だったのですが、その失敗がいい味に思えてしまって。お馬鹿な私です。
トイカメラの懐かしい色合いも素敵なんです。

 お金を貯めて、もう1台(ホルガ)購入予定です。

 私の会社は八ケ岳の裾野の北杜市。
撮影する被写体は、目移りするほどあり通勤時に車を停めて、撮影。
 本当に、素敵な環境に居るんだなって思います。

冬の朝

冬の朝

 今後も、写真を撮り、楽しいんでいきたいなって思っております。
また、いい写真撮れましたらUPさせて頂きます。

建築施工例
八ヶ岳の田舎暮らし-エリア情報・生活ノウハウ満載-

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

布・器・小物のお店。Gallery Space141
お気軽にお問い合わせ下さい。℡0551-47-2272
田舎暮らし物件情報
▲このページのトップへ